占い師の想念・思念伝達で好きな人に想いを伝えたい

女性が占いをして貰う理由として圧倒的に多いのが、「恋愛の悩み」です。好きな人は自分のことをどう思っているか、結ばれる可能性はどれ位か等を鑑定して貰うのです。

しかし、折角占ってもらうのですから、ついでに自分の思いも相手に伝えてくれればもっと良いですよね。占い師に想念・思念伝達で、好きな相手に想いを伝えて貰う方法について紹介します。

想念・思念伝達とは

占い師の占術と言えば、霊視やタロット、占星術、四柱推命など数多くありますが、「想念・思念伝達」についてあまり良く知らないという人も多いのではないでしょうか。

想念・思念伝達とは、依頼者のエネルギー(気)を相手に送り、存在に気付かせたり興味を持たせることです。テレパシーに近いもので、強い能力が必要になります。

想念とは、常に好きな相手のことをぼんやりと考えてしまう気持のことです。比較的軽い気持ちですので、伝わった相手も依頼者に対してほんわかとした好意を持つ程度です。

思念とはその人が持っている強い気持ちのことです。こちらはしっかりと相手に伝わると、依頼者のことを気づかないうちに意識したり興味を持つ様になります。

占い師による想念・思念伝達

想念・思念伝達は誰にでもできるものではありません。正しく修行を積んだ能力のある人のみが行えるのです。想念・思念伝達をしたいと思ったら、能力のある人を媒介して行うのが一番です。最も身近な存在として占い師がいます。

占いハウスで直接依頼をするのが一番ですが、最近では電話占いでも想念・思念伝達をしてくれる占い師がいます。

想念・思念伝達を得意としている占い師は、まず霊感・霊視の能力もあるので、何かしらの効果を実感できる可能性が高くなります。

占い師に想念・理念伝達をして貰う時のコツ

占い師に想念・理念伝達をして貰う時には、以下の様なコツがあります。

相手の情報が必要になる

占い師が想念・思念を相手に届けるには、それだけしっかりとしたイメージが必要になります。相手の名前や生年月日は最低限必要で、対面式の場合には写真もあった方が良いでしょう。

占い師はその情報に対して気を集中させますので、最低限の情報は調べておきましょう。

中には「全く相手の情報はなくてもOK」という占い師もいますが、どちらがより気を強く発せられるかを考えましょう。

必ず成功するとは限らない

占い師がどんなに強い気を発していても、受け取る相手が集中できる状態にいないと効果が出ないことがあります。

想念・思念伝達を依頼する時には、相手がリラックスしている時間帯を狙うのがコツです。夜遅く自宅でくつろいでいる時が最もおすすめの時間帯です。

二回以上行った方が良い

想念・思念伝達は、一度目よりも二度目、三度目と回数を重ねる程伝わり易くなります。電波と同じで、一度受け取れれば占い師と相手の気が同調し易くなるからです。一度で効果が出なくても、二度目で効果が出たという人もいるのです。

まとめ

想念・思念伝達は、相手に自分を意識させることでアプローチや告白をし易くする方法です。スピリチュアルを得意とする占い師を選んで依頼してみましょう。

想念・思念伝達をして貰った後は、自分から挨拶をするなど積極的に行動をして下さいね。